「こうもとあい」から「守屋亜衣」へ/Designer, Artist
by koumotoai
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
How to 神経衰弱
b0019614_19473651.jpg

トランプのゲームで。

ババ抜き・・・
最初に1枚ジョーカー抜いて、残る1枚が手元に残らないよう抜きあい。
そのまんまのゲームタイトルです。

7並べ・・・
最初に7を並べてからゲームスタート。まったく何のひねりもないタイトルで爽快です。

大富豪・・・
カードに強さがあり、早く手札をなくした人が大 富 豪 !
耳にしただけでプレイしてみたくなるタイトルのポップさ。

そんななか、

神経衰弱・・・
伏せたカードをランダムに広げ、そこから同じ数字を引き当てていくゲーム。
で、それで神経衰弱。え!?神経、衰弱!??

と、なるわけです。

以前からずーっと気になっていまして、この、神経衰弱というタイトルが。
しかもローカル性があるわけではなし、全国的に神経衰弱。
ゲーム自体とってもポピュラー。シンプルなルールで簡単且つほどよく海馬を刺激して
楽しい時間が過ごせるわけですが、タイトルが重い!おもいよ!なぜ?
ぐぐる先生で調べると、同じ疑問を持たれている方もいらっしゃるようですが
具体的な答えはありませんでした。

不可視のところから共通したものをひきあてていく、というのは
感覚的にも精神的にも物理的にも、きっと日常に起こることだと思います。
ゆえにそう呼ばれるのか、、いやしかし、、などと考えていると
このゲームが少し不憫に思えてきました。
不憫に思えてきたので、『神経衰弱』という曲を書きました。
合い言葉、という歌詞に置き換えて。
はじめて えらんだ あの日を今日も おもいだそう
そんなようなことを歌って、日々過ぎていきます。
[PR]
by koumotoai | 2009-05-22 20:16
<< 蛇の目でお迎え嬉しいな 「気持ちの距離はゼロだろう」 >>