「こうもとあい」から「守屋亜衣」へ/Designer, Artist
by koumotoai
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
星が飛ぶように落ちていく
b0019614_22492068.jpg

流星群見れませんでした。無念。

さて。さて。さて。
わたくしはまた引っ越しをします。
結構な引っ越し人生歩んでますが、荷造りというのは
何度やっても時間がかかりますね。
ちなみに私は手紙が大好きなのでよく友人やら祖父と文通していて
片付けをするうち出るわ出るわ、
大量の手紙の束は8年くらい前のものからありました・・・。
これはもう、とっておくことはできないなと腹をくくり
段ボール1箱はある手紙を1通ずつすべて読み返すことで供養とし
エイヤっとさよならした次第です。

そりゃもう何時間もかかりましたけど、
うわ下らないわ!と思う手紙もわんさかありましたけど
たぶんそれと同じ量わたしも友人や祖父に手紙を書いたのだなと、
恥ずかしいから私の出した手紙は燃やしてくれてたらいいのにと、
なんというかなるほど合点いって決別に至れたわけです。

しかし手紙というのはすごい。
その当時のその人が、その紙に触れ、一文字ずつ書き、時には書き直し、
そして書き手は手紙を手放した瞬間から自分が何を伝えたかは
わからなくなってしまうのですね。コピーなんてとらないでしょうし。
受け手は何年もあとに読み返したりするのに。
よく星の光に例えられていますが、まさにそれを実感しました。

大好きな人たちからの、段ボール1箱分の流星群。



うまいこと言えたのでこれにてドロン。
[PR]
by koumotoai | 2009-10-23 23:05
<< ゆめとうつつ 花香る金木犀 >>