「こうもとあい」から「守屋亜衣」へ/Designer, Artist
by koumotoai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
やじろべえ
b0019614_153710.jpg

書きたいことはあるものの、考えがまとまっていないまま書きますので
まとまらない文章になることご容赦ください。

画面の中に言葉を入れることを試行錯誤してます。
(ここでいう画面とは、絵や彫刻などの美術作品が持つ
画のことと思ってください。)
言葉によって思い起こされるムードやイメージや抽象的な概念を
画面に利用できないだろうか、と考えはじめたからです。
具象と抽象とが、互いに逆転するような使い方を目指してます(今のところ)。
あまりに具体的な言葉が、ひとたび画面に載って絵と一体になったら
そこに書かれている言葉通りの意味以外の解釈が際立つのでは、、??
色や形によって拡がったり収縮したりする画面の変化に
言葉を混ぜてかき回してみたいのです。
意味が記号になって、その奥が見えてくるような。。

その為には、ああしてこうしていやいや云々・・・と深く考えてしまって
アマゾンヌで哲学書をポチポチクリックしてしまって読みあさってしまって
肝心の画面は真っっっっ白です。ああ早く取りかかりたいのに!
もしかしたら今年の冬頃に代官山あたりで
お披露目出来るかもしれない作品です。
ちゃんと見てもらえるように、有言実行で頑張りたいと思います。

しかしあまりにぐるぐる思考まみれでしたので
この週末はいろいろ出かけてみました。
今日は、美術館にて画壇のおばさまたちの前で即興コラージュ作りという
息抜きにしてはハードな内容の会でしたがこれも修行と思い参加。
時間も手法も制限がある中、最近のぐるぐる思考が影響したこともあり
私はまんまと今すぐ燃やしてもいいと思えるような駄作を披露。
それでもおばさまたちは「発想が独創的」とか
「タッチが素敵」とか褒めそやし、
挙げ句作品(と言っても燃やしてもいいやつ)の撮影までされてしまい
「なんという辱め!このドドドドドドS!!!」と叫びたい衝動を
必死で押さえる体たらくでした。

いつもぎりぎりで均衡を保っているはずの、
右が自信で左が不安のやじろべえが
左側の傾きに耐えられずごろごろ転がっていきます。
しかし!ポジティブに!そんなときこそ体勢立て直しが出来るんだからと
ぽじてぃぶに、冒頭の挑戦をやり遂げるためまた哲学書に目を落とし
ぐるぐるぐるぐる考え続けてるわけです。

この続きはまた書けたら書きます。
ぜんぶ変わる可能性もありますよなにせ現在進行シンキングー。
[PR]
by koumotoai | 2008-06-16 01:53