「こうもとあい」から「守屋亜衣」へ/Designer, Artist
by koumotoai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
おばあちゃん
b0019614_20121654.jpg

数年前に亡くなった祖母を想うことが多いです。
だいすきなひとなんです。甘えてばっかりで、あまり孝行できなかったけど。
きっと私は祖母に守られていると思います。
当たり前みたいに思っていたから、振り返って気づく祖母の偉大さ。
私は、わたしに祖母の血が流れていることをとても誇りに思っています。
もう何百回も何千回もこんなふうに考えたけれど
やっぱりふとしたときによぎるのです。
おばあちゃんのセンスの足元にも及ばないな、なんてねー。
[PR]
by koumotoai | 2009-02-26 20:30
うごく
b0019614_0253671.jpg

何もしていないというのも行動のひとつなんでしょうね。
気持は焦るが、ここ数日の底冷えに、ただ身を丸くして耐えています。笑
暖かい部屋でひたすらデザインしてるとかが幸せな自分。
いろいろと雑にならないようにしたいです。

あー はやく春になあれ!

デジタルリマスター。観に行かねば。→
[PR]
by koumotoai | 2009-02-18 00:34
こだわりと巡り合わせのサンド
b0019614_0322236.jpg

こうじゃなきゃいやだ という感情は、誰しもあるかと思います。
けれど巡り合わせによってそれが覆されていくこともあります。

わたしは展示というと画廊でこそ、というこだわりが強く
作品と観ている人の間近の対話を重視しています。
銀座個展は画廊以外考えられなかった(音楽展示という実験の性質もあり)。
三鷹個展も、同じフロアにショップやカフェはあれど”併設”であって
ギャラリースペースには作品と人しかないところが嬉しかったのです。
それは今でもきっとそう思っています。

しかし、それが何やら変化してきているようで。
去年のグッズ展。コフクショップは洋服屋さんでした。
画廊画廊言ってる人間にしたらちょっと考えられない。
なぜ展示に至ったかは、
場所の性質はどうあれ、ここのこの人と一緒に何かやりたい、その感情のみでした。
実際勝手がわからないことも多々あったし
これまでとまるで違う作品を生むことになったけれど
素晴らしい出会いを経験して
新たなデザインに挑めて、今振り返ると、やってよかったってことに尽きるのです。

そして今年。直島カフェまるやでの個展が決まっています。
カフェギャラリーは正直これまで避けて通ってきた場所。
静けさが無く、場所柄すべての作品に対峙することが出来ないことも。そういうところ。
ただ、まるやさんの考え方やセンス、そしてアートアイランド直島。
あああここでやりたいカフェでも何でもここでやりたい!
と、思ってしまったのです。

やっぱり今はどうなるかわかりません。
カフェギャラリーに作品を置いてあることについて、
言葉面のメリットとデメリットしかわかりません。
見せ方を考えていますが。なかなか手ごわいです。

でも、この不安を乗り越えられる原動力は熱意のみだと思うので
出来る限りのことをやろうとおもいます。

頑固というのも良し悪しですねえ。。。
[PR]
by koumotoai | 2009-02-12 00:59
伸びるも縮むも
b0019614_2393457.jpg

なにかしら、ちょとずつちょとずつ、本当に牛歩進行ですが
いろいろなことの準備をやっております今日この頃でございます。
あまり一気に進められるようなことばかりではないですね。
ゆっくりでもいいから常に手や頭や身体を動かす癖をつけておくのは
とても大切なことではないのかとくにわたしのようなものぐさにんげんは、、、
そんな風に思いつつ、生きてます。ま、相変わらずということです。

写真を撮りました。プロフィール用のポートレイトを新しくしたくて。
出来上がりはどんなふうになっているのか、まだわかりませんが
撮影はとても楽しくて充実しておりました。出来てきたら、サイトもリニューアルだー。

悩むことも尽きませんが、楽しみたいです。

今日は友人の結婚祝いで贈り物にする小作品の制作をばやりまして。
こんなかんじです。
b0019614_23181539.jpg

ベージュのべロア生地にマーカーとアクリル絵の具です。
われながらなかなか良いのではないかと思える出来なので
今夜はぐっすり眠れそうです。喜んでもらえたらいいなー。
[PR]
by koumotoai | 2009-02-01 23:20