「こうもとあい」から「守屋亜衣」へ/Designer, Artist
by koumotoai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ずいぶん陽が長くなりました
b0019614_031389.jpg

あれよあれよと春を迎えるのです。

こうもとあいdotnetのデザインを変更して作り変えました。
すっきりさっぱり。手描き文字多用。
そしてやっぱり素人全開で、、、
あの、画像でリンク貼って、ちゃんとborder="0"って書いてて
でも罫線がでるのはなんでなんですかね?しかも
macで見たら出ないのに、winで見たら出てるのは
なんでなんですかね??
わからないので、そのままにしてます。。。

プロフィールの写真、気に入ってます。

ゆるゆるとしかし力強く生きていきたいです。
[PR]
by koumotoai | 2009-03-31 02:03
ねつい
b0019614_20333670.jpg

わたしは

身も心も全部 芸術に沈みきって
一番底にたどり着きたい。
そこから、あらゆる外界にアプローチしたい。

手も足も頭も渾然一体となって
それはひとつの心臓で
全身が心臓一個になって
考えることも動くことも全部心臓で行う。

そういう自分になれるかもしれない。
自分自身も環境も設計していけるかもしれない。


なんて大げさですが。
これくらいの熱意は持ち合わせているんです。実は。
到達できるかどうかは当然わかりません。
作り続けるしかありません。
私なりの切り開き方で未来へ向かうつもりです。
[PR]
by koumotoai | 2009-03-20 20:36
テスト
b0019614_22182664.jpg

ちょっとした、テストです。
9割がたあたってしまっていま戸惑っています。笑
ですので、貼っちゃいます。

---------



このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたったの10分で願い事が叶ったそうです。
このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。

約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。
たったの3分ですから、ためす価値ありです。
まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。

1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。

2)1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。

3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。
(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく)

必ず、1行ずつ進んで下さい。先を読むと、なにもかもなくなります。

4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。
これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。

まだ、先を見てはいけませんよ!!

8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。

5)最後にお願い事をして下さい。


さて、ゲームの解説です。

1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。

2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。

3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。

4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。

6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。

8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。

9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。

10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。

これを読んでから、1時間以内にブログに貼り付けなさい。


そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。
もし、送らなければ、願い事と逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが、当たってませんか?


-------------

・・・だそうです。

願い事叶うかなー!
[PR]
by koumotoai | 2009-03-15 22:22
さよならだけが人生だ
b0019614_1341312.jpg

春が近づいてくると、必ず私の耳の奥にこだまするのが于武陵の「勧酒」の結句、
井伏鱒二氏の天才的訳詩です。

この盃を受けてくれ
どうぞなみなみつがせておくれ
花に嵐のたとえもあるぞ
さよならだけが人生だ


踊るような言葉の接続。メロディもリズムも詩の中にありますね。
さよなら、という単語は悲しみを連想させますが
芯にあるしっかりした明るさがバランスをとっていて、原文の漢詩からは
想像もつかないような風景まで見せてくれていると思います。

春の季節感をこんなふうに切り取れる言葉があるってことですね。
言葉のちからを信じている人間にとってこれほどのお手本はないです。

その盃のお酒はきっととてもおいしいのでしょうね。
[PR]
by koumotoai | 2009-03-11 01:47


めも
フォロー中のブログ
ブログパーツ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧