「こうもとあい」から「守屋亜衣」へ/Designer, Artist
by koumotoai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ゆめとうつつ
b0019614_2254217.jpg

夢と現を行ったり来たりしているうちに時間が過ぎるので
頭の中がまとまらず、楽しさと悲しさが入り混じった苦笑い。
そういう、マーブル模様のこころを描いたり歌ったりできれば
少しは報われるでしょうか。

悩めるしあわせな自意識がライブをしますよ。

2010年1月9日土曜、池ノ上ruina(もとボブテイル)でございます。
ひとりで弾き歌いします。ひさしぶりだなあ。

今日のところは取り急ぎこれにて。
暖かくして冬を乗り切りたいです。いえーい
[PR]
# by koumotoai | 2009-12-20 23:02
星が飛ぶように落ちていく
b0019614_22492068.jpg

流星群見れませんでした。無念。

さて。さて。さて。
わたくしはまた引っ越しをします。
結構な引っ越し人生歩んでますが、荷造りというのは
何度やっても時間がかかりますね。
ちなみに私は手紙が大好きなのでよく友人やら祖父と文通していて
片付けをするうち出るわ出るわ、
大量の手紙の束は8年くらい前のものからありました・・・。
これはもう、とっておくことはできないなと腹をくくり
段ボール1箱はある手紙を1通ずつすべて読み返すことで供養とし
エイヤっとさよならした次第です。

そりゃもう何時間もかかりましたけど、
うわ下らないわ!と思う手紙もわんさかありましたけど
たぶんそれと同じ量わたしも友人や祖父に手紙を書いたのだなと、
恥ずかしいから私の出した手紙は燃やしてくれてたらいいのにと、
なんというかなるほど合点いって決別に至れたわけです。

しかし手紙というのはすごい。
その当時のその人が、その紙に触れ、一文字ずつ書き、時には書き直し、
そして書き手は手紙を手放した瞬間から自分が何を伝えたかは
わからなくなってしまうのですね。コピーなんてとらないでしょうし。
受け手は何年もあとに読み返したりするのに。
よく星の光に例えられていますが、まさにそれを実感しました。

大好きな人たちからの、段ボール1箱分の流星群。



うまいこと言えたのでこれにてドロン。
[PR]
# by koumotoai | 2009-10-23 23:05
花香る金木犀
b0019614_23343564.jpg

時期は短いながらも、豊かに金木犀が香っています。
すーーーーーっと吸い込むのが本当に気持ち良いですね。
私はまた何ぞ企んではいるものの
新しい創造がハリボテになってしまわないように
焦らずゆっくり丁寧に、なるべく誤魔化さないことを心がけています。
無理のないことというのもなかなか難しいとか。
甘え過ぎても良くないし、バランスとれれば良いですね。
何よりも身体には気をつけましょう。草々。
[PR]
# by koumotoai | 2009-10-14 23:42
本のにおい
b0019614_20205759.jpg

デザインネタ錬りのため、資料を求めて図書館へ。
必要な本はだいたい購入するタチなので
これまであまり図書館で資料探しはしていなかったのですが
いざ行ってみると、便利ですね。。
こんな当たり前のことに今更気づいてしまうなんて、と
しばし自責の念を抱いたほどに楽しい時間でした。
図書館併設の学習室でデザインのラフスケッチをがりがりやって、
あとは趣味のスケッチに走り、動物図鑑、植物図鑑を山積みしながら
またもがりがりと描き倒し。ああ。なんという至福。
ついでにブログ用の、とも考えまして図鑑片手にラフスケッチ以下の
ただの落書きも描いてました。楽しすぎます。

なぜヤドカリなのかは自分でもよくわかりません。
あまりに楽しいのでしばらくこういうイラストが続きそうです。

図書館の学習室で高校生がお勉強している隣で
ヤドカリ描きながら半笑いのおんなが居たら、たぶん私です。
[PR]
# by koumotoai | 2009-10-01 20:32
こころの手帳

褒められれば嬉しいです。甘えられれば幸せです。

絵に描いた風景、ハリボテの背景。ぽっかり大きな穴。
でもそれが芸術的な穴ならば、変でも寒くても晒します。

辛辣さとの上手な付き合い方を試行錯誤してます。
[PR]
# by koumotoai | 2009-09-15 23:51