「こうもとあい」から「守屋亜衣」へ/Designer, Artist
by koumotoai
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ぱぶろっく
b0019614_147073.jpg

9月です。はやいものですねえ。
わたしは個展の作品整理やら頼まれデザインやらポートフォリオやら
サイト用のまとめ作業やら次の展示に向けての考え事やらを
ゆっくりゆっくりちょびっとずつ、今のペースを大切にしつつ進めています。
そう、次の展示が決まっているのですよ!
来年4月に、ドイツのケルンにある会場で、アートケルンジャパン展という
グループ展に参加します!!とっても嬉しいです!!!
念願の海外進出ですからねー、がんばりますよ。

ドイツ展示については海外進出もちろん喜ばしいことだったりするのですが
もうひとつ、嬉しく楽しみなことがあるのです。
もともとwebで見つけた公募で今回の参加が決まりまして
その"海外出品相談所"を主催されているベルリン在住の芸術家寺田さんが
素晴しい御方なのです。作品の格好良さ、凄さ、そしてブログに書かれている
お話がいつもとても芯のある言葉で美に関するしっかりとした内容なので
わたしは読むたび感嘆してしまいます。だから、ドイツと繋がれることと
自分が尊敬できる人を知れて、関わりをもって生きていけることが、
本当にとても嬉しいです。

リンク◎zen gallery den berliner
リンク◎寺田さんブログ ベルリン・柏林


それから最近、良い表現に出会えているので、ゆっくりインプットに勤しんでます。
映画「サマーウォーズ」、CD「Sing Along To Songs You Don't Know/mum」、
漫画「レッド3/山本直樹」、小説「悼む人/天童荒太」などなど、新旧問わず。

少し欠けてる現実感を笑い飛ばせるくらいになれればいいなとおもいます。
[PR]
# by koumotoai | 2009-09-05 02:13
再生
b0019614_20535884.jpg

7月19日から始まりました直島カフェまるやでのこうもとあい個展3【さいせい】。
8月23日をもちまして、無事にまっとうすることができました。

わざわざこのために遠いところ直島まで足を運んでくれた皆さま、
偶然にもこの個展に出会って作品を観てくれた皆さま、
来られなくても応援と励ましの言葉でいたわってくれた皆さま、
あらゆる面でいつも私を助けてくれる皆さま、
関わってくれているすべて、
直島カフェまるや ルリ子さん

本当に本当に、どうもありがとうございます。
心より感謝、御礼申し上げます。

制作を始めてイメージが膨らんでいくにつれ自然と浮かんできた再生というテーマ。
それはすべての瞬間に対する私なりの愛情表現だったのだと思います。
過ぎていくことを蔑ろにせず慈しみたいという気持ちが箱になり、
孤独の中で果敢にも変化に挑んでいく気持ちを動物に託し、
命への暖かく大きな祝福を動物に託し、
やわらかな結びつきと飾りつけの気持ちがリボンになり、
その濃さと密度が壁全体を覆って、床には波のように漂いました。

少しずつ積み重ねてきていまの濃さだと思います。
ライブで歌った1stアルバムからの「サプライ」や「ノイズが聞こえる街」、
2ndからの「箱」、「そら」、「夢見る雨上がり」。その他未発表曲もありましたが
それぞれ愛情表現のかたちをひとつひとつ提示し続けてきたものです。

ここまで自分が達成できたこと、まずは喜んでおいて
さて、まだまだ、まだまだこれからです。

この濃密な愛情表現を作り出した直後の私はこう考えます。
次は、軽さだ、と。
こころがふっと軽くなれるようなこと。
築き上げてきた濃密さを踏まえた上で軽さを意識すれば
それはしあわせに向かう一歩のように思うのです。
濃くて軽い、軽くて濃い、そういう表現に挑戦してみます。
結果がどうなるかは出来てみなければわかりませんが
やれるだけはやってみましょう。いえす。れっつごー。

そんなわけで、皆さま何卒今後とも、宜しくお願い致します!
[PR]
# by koumotoai | 2009-08-24 21:52
すもも色
b0019614_19472210.jpg

なにか昨夜に書いた内容が殺気立っており、いや最近の出来事とか聴いた音楽とか
そんな話を書くはずがどうしたのか?と思ったので、珍しく連投します。

たびたびここでも名前が登場しまする、わたくしの大好きな仲間にして
天才的シンガーソングライター島崎智子氏通称こっちゃん、の
ライブへ行きました。もう、しばらく前ですが。
そこで聴いた曲が忘れられません。ここに歌詞を書いてもきっと音楽は
流れないのですがそれでも勇気を出して書いてみます。

やりきれないそんなときは ためいきつくばかり
たった一回の人生を 心に描くのよ
あれもしたいこれもしたい きっとみんな出来るわよ
だから安心しな 心に描くのよ

いろんな音が気になって 安らぐときがない
たった一分でいいから 心に描くのよ
あれがいやこれがいや どっちつかずの日々に
もうさよならしな その日を描くのよ

平屋の一戸建てにでっかいピアノがあって
あっけらかんとした旦那が居て
馬鹿な子供がたくさん育って 毎日賑わいでる
空が青くて嬉しい 一緒に食べて嬉しい
そんな当たり前のことが どうして叶わないの
心に描くのよ

歌が大ヒットして世界中に広まって
ちっちゃくなっても母ちゃんは元気
馬鹿な孫と好き勝手して 死ぬまで華やいでる
空が広くて嬉しい 一緒に眠って嬉しい
そんな当たり前のことよ だから安心しな
心に描くのよ


タイトルも知らないし、この歌詞が正しいかもわからないのですが
一発で覚えてしまって、とにかくずしんと響きました。
こんなに生も死も愛も抱えながら身近で優しいなんて
そうそう出来ることではないと思います。本当に好き。こっちゃん、ありがとう。
リンク◎島崎智子


そしてなにやら女子気分が盛り上がっている今日この頃のわたくし。

YouTube◎Kate Nash - Pumpkin Soup

YouTube◎bjork - It's oh so quiet

YouTube◎Natalie Imbruglia - Wild About It

YouTube◎中島みゆき - 一人旅のススメ

YouTube◎屋上の少女

こういうのばっかり観て、はーん素敵ね、と悶絶しております。
[PR]
# by koumotoai | 2009-08-19 20:35
れもん色
b0019614_0495871.jpg

ヒトのあいだと書いて人間なのですね。
わたしにとって絵を描くこと、歌を歌うことなどのものづくり全ては
ただひたすら人間に語りかけるための手段だと思います。
経験や学習を積んで実作業のノウハウを手に入れることが出来ても
人間に語りかける、その点に於いて必ず前に進めているとは限りません。
わたしは前に進みたいです。それだけです。
[PR]
# by koumotoai | 2009-08-19 01:02
小指にうずまく8月の糸を
b0019614_23454364.jpg

小指にうずまく8月の糸を噛み切って
正月の凧糸を天まで伸ばしたら
6月に凧糸の先を大河の川面に垂らして、アルプスを下って行きなさい。

と、これは野田秀樹さんの『小指の思い出』より引用です。

8月です。
わたくしは個展真っ盛り!です。
折り返し地点を過ぎました。折り返しのしるしのようにライブイベントを行い、
無邪気に奔放に頭からっぽになったら生まれ変わったかのごとき心地を得たので
ああこれが「さいせい」か、などと、自分勝手に膝を打った次第です。

関わってくれているすべてに深く深く感謝をしています。
この気持ちは言い尽くせないので、毎日ゆっくり祈ってます。

今回は展示が始まった時もそうだったし、総じて手前味噌感たっぷりなのですが
やはりイベントに流れる時間がよいものだったと自画自賛しています。
フタキさん、素晴らしい演奏をどうもありがとう。
ルリコさん、あたたかい場所をどうもありがとう。
皆たくさんたくさん笑顔や拍手や言葉をどうもありがとう。

時間の旅。

これからの私の表現について湧くものがあります。
本当にね、贅沢な人生、させてもらってます。ありがとう。
喜びや楽しみだけが豊かであっても足りない私の脳なので
豊かな葛藤、苦しみ、豊かな脱力・・と、なんとまあ欲張りな。
せめて、出来る限りすべてに対して誠実でありたいです。


ライブ当日の午後は直島銭湯アイラヴユーへ。
ここにももちろん贅沢な時間。期待をはるかに凌駕する素晴らしさでした。
私なんかもうこてんぱんにやられちゃった感じ。サイコーでした。
b0019614_016967.jpg

はしゃいでるなあ。。


8月23日まで、個展は続きます。
まだまだ、贅沢は終わりそうにありません。
干からびた地面に立つかかしのように弱っちい精神のわたしは
それでも倒れないぞと心に誓うのです。
嬉しいとか悲しいとか内容はそれぞれ違っても
大きい波に対しては同じように揺れるでしょー?
笑っていたいぜ。かかし。
[PR]
# by koumotoai | 2009-08-07 00:21


めも
フォロー中のブログ
ブログパーツ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧